魚の目ができる原因について

足の裏に魚の目が出来て悩んでいる女性は少なくないようですね。

魚の目は、足の皮膚の一部が硬くなって、
まるで魚の目のようになっている角質の事を言います。
この角質がまだ初期であれば、「タコ」と呼ばれるようです。

角質が厚くなり、皮膚の内部に向かって増えていって神経を刺激して痛みを発生させます。
それゆえに魚の目は非常に痛く、多くの女性がつらい思いをさせられているのです。

魚の目は、足のサイズや形に合っていない靴を履いていたり、
身体の重心をかける方向が偏っていると、出来やすくなってしまうみたいです。

足に同じような圧迫や摩擦を与え続けていると、
皮膚は防御反応によって硬くなっていくのでしょう。
魚の目は足の裏が多いようですが、外反母趾のように親指や小指の横に出来る場合もあります。

こういった魚の目が出来た場合に、もし自然に治そうと思ったら、
ドラッグストアなどで衝撃吸収パッドなどを買ってきて、
魚の目の部分をガードして刺激から守るという方法があります。
刺激を受けなければ、時間はかかるけど自然に治まっていく事もあるみたいです。

また魚の目を取り除くには、貼り薬を使うのも良いと思います。
周りの皮膚まで影響が及ぶといけないので、
出来るだけ魚の目のサイズに合わせて使いましょう。
貼り薬のサイズにもよりますが、あまり大きな魚の目には使えないと思います。
強い薬剤が魚の目に少しずつ浸み込んで、硬い角質を柔らかくして取ってくれますよ。

でも、もし魚の目がなかなか治らないときは、やはり皮膚科に行った方が良いかもしれません。

そして日常的に魚の目が出来ないように心がけ、再び出来た場合も早めに対処することが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>