美肌に欠かせない、コラーゲンの構造はどうなっているのか?

美肌のためにコラーゲンドリンクやサプリなどを、飲んでいる人は多いと思います。

しかし「コラーゲンの構造ってどうなっているの?」という事になると、
実はよく分からない人もいるのではないでしょうか。

コラーゲンは皮膚、腱、骨、血管などの組織にある繊維状のタンパク質の1種で、身体の30%を占めているそうです。

つまりコラーゲンは、私たち人間にとっては身体を維持するために必要なものなんです。
もちろん肌を美しくするためにもコラーゲンは欠かせません。

人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層で構成されていて、一番表面の皮膚が表皮です。
その薄い表皮の下には真皮があって、
ここの70%が網目状のコラーゲンで出来ているのです。
皮膚を押すと弾力が感じられますよね?
この弾力は、このコラーゲンによって生まれているのです。

そして、その真皮の下には皮下組織があって体温調節などの働きをしています。
コラーゲンは表皮細胞と違って、
ターンオーバーによって生まれ変わるようなことはありません。

生成されたコラーゲンは、
ゆっくりと代謝して分解されながら消えていくのです。
だから加齢や紫外線の影響で、だんだんコラーゲンが少なくなってくると、
真皮層の組織もスカスカになり、弾力がなくなってシワやたるみが出来てしまうのです。

そのため、美肌をキープするためには、
良質のコラーゲンを取ることが大切なんですね。

コラーゲンは、ドリンクやサプリメントだけでなく、
食べ物にも含まれているので、
自分が摂取しやすい方法で続けていくと良いと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>