ハイドロキノンというものが肝斑に効くと聞きましたが・・・

20代後半から40代くらいの女性で、
肝班という肌のトラブルに悩んでいる人は少なくないようですね。

肝班は主に顔の頬骨の辺りに広がって出来るシミのような物で、
妊娠したりピルを飲んだ時などに発症することが多く、
女性ホルモンのバランスに関係していると言われています。

そのため閉経時には、肝班は消滅してしまうこともあるそうです。
肝班は、紫外線などが原因で出来るシミとは違うので、
レーザー治療では消すことができないばかりか、
かえってシミが濃くなるので気をつけた方が良いみたいです。

そこで、こういった肝班を薄くするには「ハイドロキノン」を使うと良いそうですよ。
肝班などの色素沈着は、メラニンの生成を抑えることで改善します。
ハイドロキノンは、メラニンが生成されるときに必要なチロシナーゼという酵素の働きを抑制することで、
肝班が出来るのを防ぐ効果があるのです。

また、メラニン細胞を消滅させる作用もあるので、
既に出来てしまった肝班にも、ハイドロキノンは効果的なんですね。

ただ、ハイドロキノンは市販の化粧品にも配合されていますが、
美白効果が高いというメリットがある代わりに、
刺激が強い成分なので、痒くなったり炎症を起こす人もいるようです。

ハイドロキノンは、メラニンを破壊するので、
紫外線の影響を受けやすくなっているからかもしれません。

初めてハイドロキノンクリームや、
ハイドロキノン配合の化粧品などを使う場合は、
体質にもよるとは思いますが、少し気をつけた方が良いと思います。

もしネットで購入されるときは、
口コミなどを参考にして、なるべく評判が良いものを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>